メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

北朝鮮幹部と接触 拉致・核「包括的解決」要求

 【平昌・高橋克哉、米村耕一】安倍晋三首相は9日夜、平昌冬季五輪の開会式前のレセプションで、円テーブルで同席した北朝鮮の金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長と握手し、短時間言葉を交わした。(3面にクローズアップ)

 首相は記者団に「中身について詳細は申し上げられないが、われわれの考えを伝えた」と語った。政府関係者によると、首相は拉致問題と核・ミサイル開発問題を「包括的に解決」するよう求めた。特に拉致問題につい…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです