メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

公海の生物保護、なぜ必要? 乱獲や環境破壊を防止 国連が条約検討=回答・荒木涼子

インド洋の深海底で生息するさまざまな生物たち=海洋研究開発機構提供

 なるほドリ 国連(こくれん)で公海(こうかい)の生物を保護するための新しい条約(じょうやく)作りが始まるって聞いたよ。どんな条約なの?

 記者 海岸から200カイリ(約370キロ)より離れ、どの国にも属さない公海にすむ生物を守り、豊かな生態系(せいたいけい)を維持(いじ)しようという目的の条約です。むやみに生物を取らないよう保護区(ほごく)を設け、人間にとって利益(りえき)となりうる生物の遺伝子(いでんし)「遺伝資源」をどのように扱うかを議論します。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文908文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]