メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ティラーソン米国務長官

戦闘激化、シリア対応協議 中東5カ国訪問

 【ワシントン会川晴之】米国務省は8日、ティラーソン国務長官が11~16日にヨルダン、トルコなど中東5カ国を訪問すると発表した。アサド政権によるとみられる化学兵器使用が相次ぐなどシリアでの戦闘が激化し、国連が救難物資搬入のため「1カ月間の停戦」を呼びかける中、各国首脳とシリア情勢への対応を協議する。

 シリアでは、北西部イドリブ県や首都ダマスカス近郊などで、アサド政権側と反政府軍による激しい戦闘が続く。米国務省は8日、政権側の「化学兵器使用と攻撃強化により、過去48時間で数十人の死者が出た」(ナウアート報道官)と非難、シリア市民が政府軍だけでなく、アサド政権を支援するロシア軍の脅威にもさらされていると批判した。

 在英の「シリア人権観測所」によると、政府軍による空爆強化により、ダマスカス近郊で反体制派が支配する…

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1229文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
  2. ロシア プーチン大統領「70年も足踏み」日本と相いれず
  3. 埼玉・和光市 高齢男女が死傷、殺人容疑で捜査
  4. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  5. ORICON NEWS “空気を読まない”コメンテーター古市憲寿、なぜ重宝? “炎上に対する無関心さ”が背景に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです