メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダン

政府VS反政府勢力 「和平」模索 国際社会、現指導体制非難

 【ヨハネスブルク小泉大士】内戦が続き、世界第3位の難民発生国となっている南スーダンでは、政府と反政府勢力は互いに相手の「停戦違反」を非難するばかりで、戦闘収束の兆しが見えない。業を煮やした国際社会の圧力が強まる中、エチオピアで開かれている和平協議で、内戦の終結に向けた妥協案が模索されている。

 和平協議は東アフリカの地域機構「政府間開発機構」(IGAD)が仲介。和平協定の「再活性化」を掲げ、昨年12月の前回交渉では停戦合意を成立させた。

 しかし、合意の直後から衝突が発生。政府軍が反政府勢力の拠点に対する攻撃を続けるなど双方の停戦違反が…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文712文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです