メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ1年

世界はこう見る 排外的な政治拡大 独フンボルト大教授(北米文学)マルティン・クレッパー氏

 トランプ米大統領の就任以後、国際協調を損ねる外交政策など、不安が現実になった1年だった。米国では都市部で暮らすリベラル層と、多くが地方で暮らす厳格な保守層の間に大きな溝が生じ、かつてないほど社会の分断が進んだ。

 ドイツでも昨年9月の連邦議会総選挙で、排外的な右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)が国政に初進出した。エリート層への憎悪と(「古き良き国」という)ありもしない概念への回帰を訴える政治が拡大している。これは大変危険なことだ。

 米国で本屋に入ると、ドイツ以上にジャンルが細分化された入門書を見かける。人々が思想や趣味、人種など…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文591文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです