メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’18春闘

労使交渉、本格スタート 新日鉄住金、3500円賃上げ要求

新日鉄住金の右田彰雄常務執行役員(右)に春季交渉の要求書を手渡す新日鉄住金労働組合連合会の大森唯行会長=東京都千代田区で9日、長谷川直亮撮影

 鉄鋼や造船重機など基幹労連傘下の大手労働組合が9日、要求書を経営側に提出し、2018年春闘の労使交渉が本格的にスタートした。安倍晋三首相が「3%賃上げ」を要請したことで、5年目となる「官製春闘」が、よりクローズアップされる今年の春闘。ただ賃金水準全体を底上げするベースアップ(ベア)に経営側は慎重で、3月14日の大手企業の集中回答日に向け、労使の攻防が繰り広げられる。

 「将来設計を描き、安心して暮らせる社会の実現に向けて、働く人の労働条件の底上げを図ることが重要だ」…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文608文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]