メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「斎藤茂吉-歌と書と絵の心」展

人間茂吉 一目見ん あすから東京・渋谷の松濤美術館で

「斎藤茂吉肖像画」鈴木信太郎(1952年、油彩・カンバス)=斎藤茂吉記念館蔵

 サロン展「斎藤茂吉-歌と書と絵の心」が11日から、東京都渋谷区の松濤美術館で始まる。近代日本を代表する歌人、斎藤茂吉(1882~1953年)の足跡を立体的にたどる展覧会で、代表作と遺品を通じて茂吉が生きた明治~昭和20年代の時代性も映し出す。東京での本格的な茂吉展は36年ぶり。3月18日まで(前期、後期あり)。入場無料。【三岡昭博、野間口陽】

 「斎藤茂吉を論ずるのは手軽に出来る芸当ではない。(略)なぜと云(い)へば斎藤茂吉は僕の心の一角にい…

この記事は有料記事です。

残り3416文字(全文3639文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]