メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「斎藤茂吉-歌と書と絵の心」展

人間茂吉 一目見ん あすから東京・渋谷の松濤美術館で

「斎藤茂吉肖像画」鈴木信太郎(1952年、油彩・カンバス)=斎藤茂吉記念館蔵

 サロン展「斎藤茂吉-歌と書と絵の心」が11日から、東京都渋谷区の松濤美術館で始まる。近代日本を代表する歌人、斎藤茂吉(1882~1953年)の足跡を立体的にたどる展覧会で、代表作と遺品を通じて茂吉が生きた明治~昭和20年代の時代性も映し出す。東京での本格的な茂吉展は36年ぶり。3月18日まで(前期、後期あり)。入場無料。【三岡昭博、野間口陽】

 「斎藤茂吉を論ずるのは手軽に出来る芸当ではない。(略)なぜと云(い)へば斎藤茂吉は僕の心の一角にい…

この記事は有料記事です。

残り3416文字(全文3639文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです