メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 日本弁護士連合会(会員数約4万人)の次期会長選が9日投開票され、東京弁護士会(東弁)所属の菊地裕太郎氏(66)が、同会所属の武内更一氏(60)を破り新会長に内定した。16日の選挙管理委員会で正式決定する。任期は4月1日から2年間。

 菊地氏は選挙戦で、中本和洋会長(71)ら現執行部の路線を継承して弁護士の活動領域を拡大すると訴えた。新会長内定を受け9日夜に記者会見し「意見の相克を乗り越えて一体感のある日弁連として情…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]