メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日弁連

会長に菊地氏

 日本弁護士連合会(会員数約4万人)の次期会長選が9日投開票され、東京弁護士会(東弁)所属の菊地裕太郎氏(66)が、同会所属の武内更一氏(60)を破り新会長に内定した。16日の選挙管理委員会で正式決定する。任期は4月1日から2年間。

 菊地氏は選挙戦で、中本和洋会長(71)ら現執行部の路線を継承して弁護士の活動領域を拡大すると訴えた。新会長内定を受け9日夜に記者会見し「意見の相克を乗り越えて一体感のある日弁連として情…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです