メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

美術家・森村泰昌さん 私と時代つないだゴッホ

=京都市左京区の京都国立近代美術館で2018年1月19日、菅知美撮影

 名画の登場人物や映画女優になりきったセルフポートレートで世界的に活躍する美術家、森村泰昌さん(66)。「自画像」をテーマに自らを撮影した一連の写真作品には、現在と過去を自由に行き来する「私」がいる。森村さんの名を一躍世に広めたこの「美術史シリーズ」の始まりは、1985年に京都で発表した「肖像(ゴッホ)」だった。

 京都国立近代美術館で開催中の「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」(3月4日まで)。その関連企画で、ゴッホ…

この記事は有料記事です。

残り1543文字(全文1750文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  3. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  4. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦
  5. 大岡信さん 恋への恐れ 19歳の未発表詩、自宅で発見 いけない、いけない、笑みかけては。

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]