メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

美術家・森村泰昌さん 私と時代つないだゴッホ

=京都市左京区の京都国立近代美術館で2018年1月19日、菅知美撮影

 名画の登場人物や映画女優になりきったセルフポートレートで世界的に活躍する美術家、森村泰昌さん(66)。「自画像」をテーマに自らを撮影した一連の写真作品には、現在と過去を自由に行き来する「私」がいる。森村さんの名を一躍世に広めたこの「美術史シリーズ」の始まりは、1985年に京都で発表した「肖像(ゴッホ)」だった。

 京都国立近代美術館で開催中の「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」(3月4日まで)。その関連企画で、ゴッホ…

この記事は有料記事です。

残り1543文字(全文1750文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. 十勝川温泉 苦境を逆手、自虐ポスター 地震後に客激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです