メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

描かれた鉄路

今回の作品 映画『家族』 監督・山田洋次 東海道新幹線など ぐったり疲れた庶民

夕闇迫る中、終点の東京へ向けて力走する上り東海道新幹線。激しい疲労のため車中で眠り込んだ風見一家だが、東京ではさらなる苦難に見舞われるのだった……=東京都品川区で、鶴谷真

 小学生たちが寒風をものともせずボール遊びに興じている。ここは東京都品川区の丘の上にある児童公園。もう夕暮れだ。親が呼んでいるのだが「あと10分!」と繰り返して、なかなか帰らない。フェンスの向こうをピカピカの東海道新幹線が行き交う。山田洋次監督の代表作のひとつ「家族」(1970年)を思う。そこに登場する新幹線の車中では、主人公の一家はぐったり疲れていた。

 時は70年春。風見精一(井川比佐志)と妻民子(倍賞千恵子)、長男の剛と赤ん坊の早苗、精一の父源造(…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです