メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

現代劇でみせる古典 「木ノ下歌舞伎」主宰・木ノ下裕一(32)

付箋がいっぱいの古書を手にする木ノ下裕一さん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、関雄輔撮影

 現代演劇の手法で古典の可能性を探る京都の団体「木ノ下歌舞伎」を主宰する。「黒塚」「三番叟(さんばそう)」「東海道四谷怪談-通し上演-」など、歌舞伎や文楽、能で知られる演目を、現代演劇の俳優やダンサーの身体を通して新鮮な切り口で見せ、観客に感動を与えてきた。

 「作品を作るだけでなく、古典を現代人にどう紹介していくかを考えたい」と言う。古典の知識は豊富だが、いまだ32歳。

 和歌山市出身。小学3年の時、地元の敬老会で聴いた上方落語に魅了され、小遣いをためて落語会に通い始め…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1065文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです