メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

作品と響き合う空間=住友文彦

鏡花園の景観。れんが、石、カキ殻など異なる素材を使った壁と亜熱帯の植物や野菜が植えられた庭が向かい合っている

 1枚の絵を見る行為がいかに複雑なものか。中国・広州にある「鏡花園(ミラードガーデン)」で行われていた王音(ワンイン)の展覧会(4月15日まで)を見たとき、それを深く実感した。1964年生まれの王音は中国近代絵画の歴史に精通した知的な作品で知られる。展示作品で描かれていたのは、農村や街角で見かける人々、あるいはテーブルに置かれた花のように日常のありふれた風景である。表情や服装の細部は描き込まれず、固有名を持たない無名の人々を温かい淡い色彩で描いている。

 特徴的なのは、こうした作品がいくつかの部屋に分かれ、大きく間隔をとって並べられていることだ。ひとつ…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1031文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです