メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

春場所告げる「御免札」設置 大阪・来月11日初日

御免札の前に立つ鏡山部長(右)ら

 大相撲春場所(3月11日初日)の開催を告知する「御免札(ごめんふだ)」が9日、会場のエディオンアリーナ大阪(大阪市浪速区)の正面に立てられた。「蒙御免(ごめんこうむる)」と書かれた高さ約4メートルの木製の札で、江戸時代に寺社奉行が興行の許可を示す証しとしたのが起源とされる。

 昨年の九州場所中に元日馬富士による貴ノ…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文296文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]