メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY原油

急落、60ドル割れ 1カ月半ぶり

 9日のニューヨーク原油先物相場は急落し、指標の米国産標準油種(WTI)の3月渡しが前日比1.95ドル安の1バレル=59.20ドルと、昨年12月下旬以来約1カ月半ぶりに60ドルを割り込んで取引を終えた。

     米石油サービス大手が発表した米国内の石油掘削装置の稼働数が大幅に増加したことで、米原油の増産に対する警戒感が強まり、一時は1バレル=58.07ドルまで値下がりした。米国株が下げ幅を拡大した場面では、リスク回避の売りも出て相場を圧迫した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪ジャンプ 45歳葛西「22年北京もう絶対に出ます」
    2. 五輪カーリング 日本がスウェーデンに逆転勝ち 2位浮上
    3. 住吉都さん死去 小平悲痛な思い「心の支えになって」
    4. 体罰 男性臨時職員、男児の頭を机に打ち付け 新潟・佐渡
    5. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]