メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日弁連

次期会長に菊地裕太郎氏 法曹三者トップ道産子に

 日本弁護士連合会の次期会長選が9日投開票され、北海道伊達市出身の菊地裕太郎氏(66)=東京弁護士会所属=の当選が内定した。現在、裁判所と検察庁のトップも北海道出身のため、戦後初めて法曹三者のトップ全員が「道産子」となる。

     菊地氏は1951年、伊達町(現伊達市)生まれ。函館ラ・サール高、東大法学部を経て81年に東京で弁護士登録した。日弁連ではこれまで常務理事や副会長を歴任。主に法曹人口問題に取り組み、北海道で特に深刻な司法過疎の問題も担当した。任期は20年3月までの2年間。

     1月9日に就任した大谷直人最高裁長官(65)は1952年、赤平町(現赤平市)生まれ。炭鉱会社に勤めた父の転勤に伴い琴似町(現札幌市)、三笠市でも暮らし、小学5年の時に東京に転居。都立富士高から東大法学部を経て77年に判事補に任官した。東京での生活が長いが、長官就任前の報道各社の取材に対し、小学生時代を過ごした三笠市奔別(ぽんべつ)地区について「当時は映画館があり、山の中だが活気があった。故郷という思いは今も抱いている」と語っていた。

     16年9月に就任した西川克行検事総長(63)は1954年、岩見沢市生まれ。札幌南高から東大法学部を経て79年に検事に任官し、旭川地検検事正や札幌高検検事長など道内の要職も歴任した。【伊藤直孝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
    4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
    5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです