メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸

10日は気温上昇、落雪注意 11日から再び寒気

 北陸地方では9日に天候が回復し、6日から降り続いた豪雪が一段落した。しかし、気象庁によると10日は気温が上昇し、昼過ぎから雨になる見込みで、雪が解けて雪崩や屋根からの落雪の恐れがある。さらに、11日昼からは寒気が流れ込み再び雪となる予報で、路面凍結が予想される。行政や専門家は「頭上にも足元にも注意が必要」と引き続き警戒を呼びかけている。

     今後の天候について、石川県危機対策課は「雪解けで河川が増水する。危険な場所には近づかないでほしい」と気をもむ。屋根の雪下ろし中に足を滑らせる危険もあり、ヘルメットや命綱など安全対策の徹底を呼びかける。

     さらに注意を要するのは道路。国立研究開発法人・防災科学技術研究所雪氷防災研究センター(新潟県長岡市)の本吉弘岐・主任研究員は「気温の上昇とともに、圧雪状態だった部分の凹凸が顕著になるので、ハンドルを取られたり、タイヤが空転したりしやすくなる」と指摘する。

     11日からの寒気もやっかいだ。本吉研究員によると、雨と新たな降雪で重みを増した雪の中に、さらに氷の層ができてスコップがうまくささらないなど、除雪にとって悪条件が重なるという。【石川将来】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
    2. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
    3. 1000円札 記号と番号の印刷色、褐色から紺色に変更
    4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
    5. 堺・弟殺害 父の搬送時、一緒にいた母親も昏睡状態

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです