メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外2度目の南北首脳会談を実施
ボクシング

村田が初の最優秀選手賞 年間表彰式

最優秀選手賞に初めて選ばれた村田諒太=東京都内で2018年2月9日午後0時32分、倉沢仁志撮影

 プロボクシングの2017年度年間優秀選手表彰式が9日、東京都内で行われ、男子最優秀選手賞に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)が初めて選ばれた。昨年10月にアッサン・エンダム(フランス)との再戦を制し、日本人2人目の同級王者になったことが評価された。村田は「一流のメンバーの中で受賞でき、うれしいというか恐縮」と語った。

     技能賞は、昨年、7度目の防衛を果たした世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が2年連続2回目の受賞。殊勲賞には、WBAと国際ボクシング連盟(IBF)のライトフライ級王座統一戦を制した田口良一(ワタナベ)と、昨夏に敵地・中国でWBOフライ級新王者となり、初防衛にも成功した木村翔(青木)の2人が輝いた。

     女子最優秀選手賞は、日本選手初の世界5階級制覇を達成したWBAフライ級王者の藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が3年連続で受賞した。【倉沢仁志】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
    2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
    3. 東京・六本木 「アートナイト」始まる 光の巨人も登場
    4. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
    5. 葬儀 「夫死んでもこんなに泣かない」西城さんファン参列

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]