メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

この冬も笑顔の対面 香川・琴平高ボランティアクラブ「とらすとK」神戸へ 復興住宅の高齢者と交流 /兵庫

復興住宅の集会所で高齢者らと交流する清水望彩さん(右端)ら香川県立琴平高校の生徒たち=神戸市中央区で、井上元宏撮影

 阪神大震災の被災高齢者と文通を続ける香川県立琴平高校の生徒36人が10日、HAT神戸(神戸市中央区)の復興住宅を訪れた。文通は同高のボランティアクラブ「とらすとK」が2005年に始め、夏と冬には神戸を訪れている。うれしさで笑顔を見せる生徒たちを前に涙ぐむお年寄りの姿も。心を込めて築いてきた縁が、さらに深まった。【井上元宏】

 同高1年の清水望彩(のあ)さん(16)は、手紙のやり取りをしている一人暮らしの高森せつ子さん(77…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文679文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 選挙 狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京
  5. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]