メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまねのひと

野生ランを撮影する獣医師 松田均さん /島根

野生ランを撮影する獣医師の松田均さん=島根県出雲市で、山田英之撮影

松田均さん(62)

 出雲市大津町の西光寺境内にある平野勲記念館で、昨年12月から今年1月まで、初めての写真展「野生ランの魅力」を開いた。

 獣医師で元県職員の松田均さん(62)=出雲市=は、趣味で30年以上、野生ランの撮影を続けている。洋ランに比べて花が小ぶりだったり、花の色が地味だったりして目立たないものも多い。しかし、松田さんは「じっくり見るとユニークだったり、楚々(そそ)として気品が感じられたりして、飽きることがない」と魅力を語る。

 写真展では60種類を超える野生ランの写真を展示した。県庁の職場の上司に植物の愛好家がいたことで、自…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです