メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

TDK 大学発ベンチャーの先駆け

TDKのロゴマーク

 TDKと聞いて、カセットテープを思い出す人も多いだろう。もとは創業者の斎藤憲三氏が出身地の秋田県に産業を根付かせたいと、磁力が強く電気を通しにくい世界初の素材「フェライト」を事業化するために1935年に設立した会社だ。フェライトを30年に発明した加藤与五郎、武井武両博士が在籍していた東京工業大の電気化学科にちなみ、設立時の社名は「東京電気化学工業」。大学発ベンチャー企業の先駆けとも言われる。

 当初から商標には「東京・電気・化学」の頭文字を取った「TDK」を使っていた。フェライトを用いた磁気…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文600文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]