メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

若島正・評 『魔法にかかった男』=ディーノ・ブッツァーティ著

 (東宣出版・2376円)

読者を不気味な世界へ連れ去る短篇

 二十歳の頃だったか、あるホラー小説のアンソロジーで、イタリアの作家ディーノ・ブッツァーティの短篇「七階」を読んだ。それが評者にとって、ブッツァーティとの初めての出会いであり、そのときからブッツァーティのファンになった。正確に言えば、ブッツァーティを有名にした長篇小説『タタール人の砂漠』よりも、カフカ的としばしば評される、彼の短篇のファンになったのである。

 ブッツァーティの短篇と言えばまず思い出される、代表作の一つと呼んでもさしつかえない「七階」は、七階…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心
  3. 渋谷 ドリームアミさんに歓声 文化村通りで路上ショー
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです