メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『目に見えない世界を歩く 「全盲」のフィールドワーク』 著者・広瀬浩二郎さん

 ◆広瀬浩二郎(ひろせ・こうじろう)さん

 (平凡社新書・886円)

視覚中心の文化を見直す

 全盲の国立民族学博物館准教授(日本宗教史・文化人類学)が、自ら提唱する「触文化」論を自身の歩みと重ねて論じた。「障害という人と違った特徴を持つ自分の位置から考え、社会に発信してきた。『目が見えない』状態から『目に見えない』可能性への展開を描きました」

 13歳で失明して、「目が見えない」世界の住民に。1987年、初の全盲の京大生となり、歴史研究者への…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  4. 競泳 二枚看板沈む 萩野銀、瀬戸銅 400個人メドレー
  5. 夏の高校野球 秋田県内が「金農フィーバー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです