メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『目に見えない世界を歩く 「全盲」のフィールドワーク』 著者・広瀬浩二郎さん

 ◆広瀬浩二郎(ひろせ・こうじろう)さん

 (平凡社新書・886円)

視覚中心の文化を見直す

 全盲の国立民族学博物館准教授(日本宗教史・文化人類学)が、自ら提唱する「触文化」論を自身の歩みと重ねて論じた。「障害という人と違った特徴を持つ自分の位置から考え、社会に発信してきた。『目が見えない』状態から『目に見えない』可能性への展開を描きました」

 13歳で失明して、「目が見えない」世界の住民に。1987年、初の全盲の京大生となり、歴史研究者への…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文960文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]