メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『1918年最強ドイツ軍はなぜ敗れたのか』=飯倉章・著

 (文春新書・994円)

 4年に及んだ第一次世界大戦が終わって今年で100年。ロシアを屈服させて1918年を迎えたドイツは、西部戦線の春季大攻勢でも英仏軍に対し勝利を重ねたが、その後もろくも敗れ11月の休戦に至る。ドイツの敗因は何か。著者は、ドイツが無制限潜水艦作戦を再開しなかったらといった「歴史のイフ」も積極的に提起し、敗北の真相に迫る。

 敗れたとはいえ、ドイツ軍の攻撃準備は周到で、下級将校や敵からも学び、創意工夫もいとわず、現場主義に…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文494文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]