メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

やけどの傷が治っても=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

【左】手術前【右】手術後

 立春を過ぎてもまだ寒い日が続きます。前回は、やけどの発生状況の長期的な変化などについて紹介しました。今回は、やけどの傷が治った後のことについて取り上げたいと思います。

 やけどの傷を早く治すことが形成外科医の使命の一つですが、治癒後の対処も重要だからです。

 患者さんの悩みでもっとも多いのが、傷痕に関するものです。赤く盛り上がった傷痕は痛みやかゆみが伴い、外見上も目立ちます。

 この時、傷痕では毛細血管が増え、傷を修復する細胞が活発に活動しています。時間の経過とともにそうした…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  2. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席
  3. 未承認薬 社長を書類送検 有印私文書偽造容疑 大阪
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです