メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

夜尿症の薬で副作用=答える人・大友義之先任准教授(順天堂大付属練馬病院・小児科)

 Q 夜尿症の薬で副作用

 17歳の息子の夜尿症が治りません。泌尿器科で診察を受け、アラーム療法もやりました。薬の治療で副作用が出て、今は様子を見ています。(奈良県香芝市、女性、49歳)

 A 漢方薬の選択も

 夜尿症は5歳以上の小児が就寝中に尿を漏らす状態です。有病率は小学校入学時で10%超、10代後半で2%程度。確立された主な治療法はアラーム療法と薬物療法です。アラーム療法は尿漏れ感知センサーを下着に付け、鳴った時に起きて用を足すことを繰り返し、ぼうこうにためられる尿量を増やして漏れないよう鍛えるものです。

 薬物療法は、尿量を減らす抗利尿ホルモン薬「デスモプレシン」を1日1回就寝前に服用します。薬は段階的…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  2. 日比谷線・中目黒駅で人身事故 2万人に影響
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 初の錠剤は服用1回タイプ インフル新薬に高い注目
  5. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです