メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

富士ゼロックス・スーパーカップ セ大阪、攻めて初V

前半26分、先制ゴールを決めてチームメートに祝福されるセ大阪の山口(中央)=埼玉スタジアムで2018年2月10日、長谷川直亮撮影

 サッカーの富士ゼロックス・スーパーカップは10日、埼玉スタジアムで行われ、昨季の天皇杯全日本選手権覇者のセ大阪がJ1王者の川崎を3-2で降した。セ大阪は初出場で初優勝を果たした。

 セ大阪は前半26分、山口が中央からミドルシュートを決めて先制。後半3分にはゴール前に進入した清武が追加点を奪い、1点リードの後半33分は高木のゴールで突き放した。川崎は後半6分にPKを小林が決め、試合終了間際には大久保が得点し1点差としたが、力尽きた。前年のJ1王者が優勝を逃したのは2008年大会の鹿島以来、10大会ぶり。今季のJ1リーグ戦は23日の鳥栖-神戸戦(ベアスタ)で開幕する。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 反省 熊本県玉名市・立石史子(65歳)
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  4. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです