メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

小惑星での運用に向け本番さながら100人超が訓練

 小惑星探査機「はやぶさ2」が今年6月下旬にも、目的地の小惑星「リュウグウ」へ到着する。プロジェクトチームは昨年から、人類が初めて訪れる小惑星での運用に向けた本格的な訓練を重ねている。はやぶさ2は現在、順調な旅を続けているが、初号機「はやぶさ」は小惑星「イトカワ」に到着する直前からトラブルが発生し、小惑星への着陸運用では通信が途絶するなど深刻な事態に直面した。「これは訓練ではありません」という掛け声の下、本番さながらの訓練について取材した。【永山悦子、阿部周一】

 はやぶさ2では、主に探査機の運用に取り組む工学チームと、リュウグウの科学的探査に取り組む科学チーム…

この記事は有料記事です。

残り2271文字(全文2555文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  4. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
  5. ルックバック平成・中部写真記者の足跡 平成5年、25年・式年遷宮 闇の中撮影、機材の進歩反映 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです