メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

列島各地から菜の花の開花の知らせが届くころだ…

 列島各地から菜の花の開花の知らせが届くころだ。兵庫県・淡路島ではすでに咲き誇り、花の黄色が海の青に映える。江戸後期、この地の貧しい農家に生まれ、回船業で成功した末、ロシアに捕らわれた豪商、高田屋嘉兵衛(たかだやかへえ)。司馬遼太郎が「菜の花の沖」で波乱の人生を描いた▲嘉兵衛はロシアと渡り合い、友情を育んで日露の和解へ導く。記録に残る嘉兵衛の言葉は小説でこう表現されている。「愛国心を売りものにしたり、宣伝や扇動材料につかったりする国はろくな国ではない」▲それを思い出すのは内向きな「日本ファースト」の声をよく聞くからだ。今年は明治改元から150年。記念事業が進む。それに絡めて憲法改正や戦前回帰のムードを盛り上げようとする動きが目立つ。きのうの建国記念の日にあった行事からもうかがえる▲司馬はエッセーの中で、中国のある寓話(ぐうわ)を引いている。男が「壺(つぼ)の中」を理想郷と思い込み、そこへ入った。ごちそうにありついたが、やがて現実世界に引き戻される。外の世界が見えなくなる危うさ。司馬は戦争へ突き進んだ昭和を「壺の中」にあった時代と書いた。「日本ファースト」に通じる▲「菜の花の沖」にこうある。菜の花は実を結べば人の手を経て油になり、諸国へと船で運ばれる。遠い北方の島の番屋で、夜なべ仕事の網繕いの手元を照らすこともある。世界はそんなふうにつながっている▲世界の中の日本を考えた嘉兵衛。かの人から学ぶことは多い。きょうは司馬の命日、菜の花忌。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
    5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです