メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「TSUTAYA発掘良品コーナー」で7日からDVDレンタルが始まった「ブラック・エース」(1971年製作)は、麻薬にからんだ人身売買を巡るギャングの抗争を描いた骨太のアクション映画だ。米国を代表するタフガイ俳優のリー・マービンとジーン・ハックマンが共演し、いぶし銀の渋い魅力がにじみ出る。

 舞台は広大な農地が広がる米国中部のカンザス州。カンザス最大の牧場と精肉工場を支配するメリー・アンに部下を殺され人肉ソーセージにされたシカゴのギャングが、一匹オオカミの殺し屋ニックに報復を依頼…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです