メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「TSUTAYA発掘良品コーナー」で7日からDVDレンタルが始まった「ブラック・エース」(1971年製作)は、麻薬にからんだ人身売買を巡るギャングの抗争を描いた骨太のアクション映画だ。米国を代表するタフガイ俳優のリー・マービンとジーン・ハックマンが共演し、いぶし銀の渋い魅力がにじみ出る。

 舞台は広大な農地が広がる米国中部のカンザス州。カンザス最大の牧場と精肉工場を支配するメリー・アンに部下を殺され人肉ソーセージにされたシカゴのギャングが、一匹オオカミの殺し屋ニックに報復を依頼…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです