メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

多様化するバレンタインのチョコ、あなたは誰に? 大切な人への思い、形に

バレンタインデーが近づいたチョコレート店「ピエール マルコリーニ・銀座本店」。安くはない価格帯だが、訪れる人は絶えない=東京都中央区銀座5で、竹内紀臣撮影

彼に特別なお土産/社長に感謝/祖父を心配/亡父にお供え

 「愛を伝える日」のバレンタインデーだが、チョコレートを贈る理由は義理や自分へのご褒美、家族チョコなどに多様化した。「義理チョコ論争」もある中、誰にどんな思いを込めて贈るのか。銀座のチョコ店に密着し、女性たちに聞いた。【鈴木梢】

 海外の有名チョコメーカーの一つが<日本は、義理チョコをやめよう。>と一部の新聞に全面広告を掲載したのは2月1日。その理由は<バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。気を使う。お金も使う。でも自分からはやめづらい>。この問題提起が、男女を問わず波紋を広げている。

 この4日後、定点観測の場所として足を運んだのは、東京・銀座の高級チョコ店「ピエール マルコリーニ・…

この記事は有料記事です。

残り2394文字(全文2719文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]