メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/80 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月八日(36)

 その夜、時田メリヤスの自宅兼工場に着いたのは、夕ご飯の三十分前だった。仕事を終えた編み機の間を抜けて、タケシがそっと脇の階段で二階にあがろうとすると、奥の続き間のガラス戸から顔を出し、従妹(いとこ)の登美子が声をかけてきた。

「どうしたの、タケシくん。国民服泥だらけじゃない」

 明るいところで見ると、自分の着ている服はひどいありさまだった。あちこちに空き地の砂や泥がつき、雑草とこすれた跡が刷毛(はけ)ではいたように緑色に残っている。

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文926文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]