メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川ヘレンのこれ食べてみて

カブとお揚げの炊いたん 菊菜と牛肉のゴマよごし 優しくコトコト、湯気恋し

「シンプルイズおいしい」と西川ヘレンさん=菅知美撮影

 この季節、熱々の湯気がなによりのごちそうです。西川家の冬の定番、カブを使った「カブとお揚げの炊いたん」をヘレンさんに教えてもらいましょう。

 「冬は毎日のようにカブかお大根を炊いてます。男の人もうれしいのとちがいます? 熱燗(あつかん)でね」とヘレンさん。さすが、男心にも通じてはります。

 カブの調理のコツは「厚めに皮をむくこと。そうすると食べた時、口の中に筋が残りません」。煮崩れを防ぐために丁寧に面取りをします。ヘレンさんの真骨頂は、皮も面取りした部分も葉っぱも捨てないところです。「刻んで袋に入れて、塩とだし昆布とで切り漬けにします。お好みで七味やユズを加えて」。これがおいしいと好評なんです。ただ始末するだけでなく、おいしくいただくのが大事ですね。

 揚げは厚めのを使います。油っけが多いと湯通しして、よく絞ります。ヘレンだしとみりん、薄口しょうゆな…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1646文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉
  5. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです