メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名物にうまい物あり

お酢屋「天龍」の「紀州の米酢」 和歌山県有田市

お酢屋「天龍」の紀州の米酢など(和歌山県有田市)=山成孝治撮影

150年変わらず 桶で半年醸造

 1869(明治2)年の創業当初から使っているスギやヒノキの桶(おけ)で半年をかけて醸す「紀州の米酢」を中心に、昆布だしを加えた料理用の「すし職人」=同左、地元産の橙(だいだい)のしぼり汁だけを原料とする「橙ぽん酢」の3種類を造る。醸造担当は、大平嘉子(かずこ)さん(57)ら地元の女性3人。醸造所の事務所と地元商工会議所が開設する特産品販売…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  4. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  5. 人気低迷 せんとくんの「年収」、全盛期の3%にまで激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです