メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

雪と秋入学=玉木研二

 <ka-ron>

 試練の雪などと、ともすれば季節の風物詩のように報じられる。当の若者らにはたまったものではない。

 毎年のように1、2月、雪国の受験生を圧迫する寒気と大雪は入試の公平性を損ねているといっても過言ではない。時期を改めるべきだ。

 今に始まった話ではない。特に、大学入試空前の大規模試験である共通テスト(共通1次試験、現大学入試センター試験)が1970年代末に導入され、全国一斉に1月中旬に実施されるようになって、雪はより深刻な悩みのタネになった。しばしば交通機関がマヒし、時間の繰り下げなど混乱が繰り返される。

 先週、衆議院の予算委員会で自民党の石崎徹議員(34)が「何もこんな時期に行わなくても、というのが雪…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1000文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです