メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

埋蔵文化財専門職員 考古学支える「花形」、減少の一途 採用ミスマッチ、解消を

近畿25大学と自治体が開いた文化財専門職説明会の様子=奈良市の奈良大で、林由紀子撮影

文化庁や自治体、「職場説明会」や人材育成策

 行政や公益法人で埋蔵文化財の発掘調査や保存活用を担う「埋蔵文化財専門職員」が苦境に立たされている。「考古学技師」などと呼ばれる花形で、ひと昔前は正職員の座を射止めるのは難関だった。しかし近年、職員を募集しても応募者が少なく、合格者が出なかったり、内定を辞退されたりする“採用不調”が全国で相次ぐ。職員の世代交代が進む中、蓄積された知識や技術の継承が危ぶまれる事態だ。いったい何が起きているのか。【林由紀子】

 文化庁によると、開発に伴う発掘調査を行政が手掛けるようになったのは、東京オリンピックが開かれた19…

この記事は有料記事です。

残り1708文字(全文1983文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです