メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

埋蔵文化財専門職員 考古学支える「花形」、減少の一途 採用ミスマッチ、解消を

近畿25大学と自治体が開いた文化財専門職説明会の様子=奈良市の奈良大で、林由紀子撮影

文化庁や自治体、「職場説明会」や人材育成策

 行政や公益法人で埋蔵文化財の発掘調査や保存活用を担う「埋蔵文化財専門職員」が苦境に立たされている。「考古学技師」などと呼ばれる花形で、ひと昔前は正職員の座を射止めるのは難関だった。しかし近年、職員を募集しても応募者が少なく、合格者が出なかったり、内定を辞退されたりする“採用不調”が全国で相次ぐ。職員の世代交代が進む中、蓄積された知識や技術の継承が危ぶまれる事態だ。いったい何が起きているのか。【林由紀子】

 文化庁によると、開発に伴う発掘調査を行政が手掛けるようになったのは、東京オリンピックが開かれた19…

この記事は有料記事です。

残り1708文字(全文1983文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  2. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  3. 大阪狭山市 市長の妻、現金配る 秋祭りの会場で
  4. ORICON NEWS aiko、声が枯れライブ途中で中止に ツイッターで謝罪「悔しくて死にそうです」
  5. 台湾特急脱線 「自動制御保護システム切った」と運転士

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです