メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弟殺害・遺体切断

姉が殺意を否認 千葉地裁初公判

 千葉県酒々井(しすい)町の自宅で弟を殺害し遺体を切断したなどとして、殺人や死体損壊・遺棄などの罪に問われたアルバイト店員、竹内愛美(えみ)被告(26)の裁判員裁判の初公判が13日、千葉地裁(高木順子裁判長)で始まった。殺人の起訴内容について竹内被告は「殺意はなかった」と主張。弁護側は「自らの身体を守るために行った正当防衛だ」と述べ、無罪を訴えた。遺体の損壊・遺棄は認めた。

     起訴状によると、竹内被告は2016年8月31日、弟で高齢者施設職員、諒(りょう)さん(当時21歳)を包丁で刺すなどして殺害し、9月12日までに遺体を包丁で切断し、複数のポリ袋に入れて冷蔵庫内などに隠したとされる。【斎藤文太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
    2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
    3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
    4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
    5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです