メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『猫のほそ道』『アルケミスト』

「本当に望むもの」を求めて命がけの旅に出た猫と少年

◆『猫のほそ道』嵐山光三郎・著(小学館文庫/税別770円)

◆『アルケミスト』パウロ・コエーリョ/著 山川紘矢、山川亜希子/訳(角川文庫/税別552円)

 こう寒い日が続くと、暖かい海辺に思いっきり体を緩めて横たわりたいなあ、と旅行会社のパンフレットを眺めてはため息をつく。大人として、勤労するのはあたり前のことなのだが、ときどきご褒美と称して、そんな旅に出かけたくなる。今のご時世、時々不意打ちで不穏な事件に巻き込まれたりすることもあるけれど、あらかた無事に家に帰ることができる。しかし、旅とは本来、命がけのものであり、海辺でダラダラしたい、などという生っちょろい気分でするようなものではないのだった。

 旅には目的がある。『猫のほそ道』(嵐山光三郎)の主人公ノラの場合、飼い主と共に隣町へ引っ越す時に、…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. 民主ペロシ氏「話にならない」 トランプ氏「重要発表」提案に
  4. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  5. ORICON NEWS 51回目『ミス日本』は21歳東大生 度會亜衣子さんがGP

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです