メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

池内 紀・評『旅の終わりに』マイケル・ザドゥリアン/著

人や世間が何と言おうと、この上ない「ハッピーエンド」

◆『旅の終わりに』マイケル・ザドゥリアン/著 小梨直/訳(東京創元社/税別2000円)

 八十代の老夫婦が主人公だ。夫は認知症がすすんでいる。妻はガンを病み、進行は遅いが全身にひろがった。娘と息子が相談している。結論は言うまでもない。父は施設へ、母は病院へ。

 アメリカの小説だが、同じような家族なら日本にもワンサといる。ごく身近に、つぎつぎと思いあたる。多少…

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文1499文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです