メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長探訪

かき氷 冬も楽しんで /岐阜

かき氷「ロイヤルミルクティーホイップ」を手にする五島一弘さん。ホイップが冷たさをやわらげる=岐阜市で

 かき氷を一年中、楽しんでほしい。岐阜市八幡町のかき氷店「赤鰐(わに)」の店主、五島一弘さん(53)は強く願っている。

 赤鰐は1992年に開店し、夏場には最長で約150人の行列ができる名店として知られる。それでも、冬場の売り上げは夏場の8分の1ほどに激減する。五島さんは「東京の有名店では、クリスマスや正月、節分、バレンタインなどテーマごとのかき氷を出し、冬場も最長3時間待ちの行列ができる。東京で日常になっている冬のかき氷を全国に広めたい」と言う。ホイップをのせたり、氷の粒を感じさせない削りにしたりすることで、口に入れた時の冷たさがやわらぐ。芋や栗、カボチャなどを乗せ、秋や冬の季節を感じさせるかき氷もある。

 五島さんは2年前、シーズンオフの11月に岐阜市で初めて「氷会」を開催し、全国のかき氷店5店が集まり…

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1284文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです