メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長探訪

かき氷 冬も楽しんで /岐阜

かき氷「ロイヤルミルクティーホイップ」を手にする五島一弘さん。ホイップが冷たさをやわらげる=岐阜市で

 かき氷を一年中、楽しんでほしい。岐阜市八幡町のかき氷店「赤鰐(わに)」の店主、五島一弘さん(53)は強く願っている。

 赤鰐は1992年に開店し、夏場には最長で約150人の行列ができる名店として知られる。それでも、冬場の売り上げは夏場の8分の1ほどに激減する。五島さんは「東京の有名店では、クリスマスや正月、節分、バレンタインなどテーマごとのかき氷を出し、冬場も最長3時間待ちの行列ができる。東京で日常になっている冬のかき氷を全国に広めたい」と言う。ホイップをのせたり、氷の粒を感じさせない削りにしたりすることで、口に入れた時の冷たさがやわらぐ。芋や栗、カボチャなどを乗せ、秋や冬の季節を感じさせるかき氷もある。

 五島さんは2年前、シーズンオフの11月に岐阜市で初めて「氷会」を開催し、全国のかき氷店5店が集まり…

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1284文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. スリランカで6カ所爆発、129人以上が死亡 教会やホテル標的
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです