メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度当初予算案 一般会計4615億200万円 2年ぶり増 三豊署移転整備など /香川

香川県の2018年度一般会計当初予算案

 県は13日、4615億200万円の2018年度一般会計当初予算案を発表した。施策の選択を徹底したが、三豊署(三豊市)や椛川(かばかわ)ダム(高松市)の整備事業などがあり、17年度当初(4612億9900万円)と比べて約2億円増と、2年ぶりにわずかながら増加に転じた。4月から国民健康保険の運営主体が県へ移るのに伴い国保特別会計が新設されるため、これらを合わせた総額では8101億2103万円と約1割増えた。設計作業が本格化する新県立体育館(高松市)整備事業では10億円を基金に計上する。(グラフは各税・費用を1億円未満で切り捨てており、合計が合わない場合もある)【植松晃一】

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1304文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです