メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛・伊方原発

差し止め仮処分審尋 参考人陳述を決定 高裁 /香川

 愛媛県内の住民10人が四国電力伊方原発3号機(同県伊方町)の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審第2回審尋が13日、高松高裁(神山隆一裁判長)であった。原告側は、火山の危険性や外国からのミサイル攻撃の可能性を指摘する補充書などを提出。次回は6月5日、原告側が求めた地震学の専門家に対する参考人の陳述を決めた。

 広島高裁は昨年12月、伊方3号機の運転差し止めを仮処分決定している。原告側代理人によると、この日の…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文466文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]