メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

幼児教育どう無償化?

茂木敏充・人づくり革命担当相

 自民党が昨年10月の衆院選で公約に掲げた「幼児教育・保育無償化」は来年4月から一部が実施される予定だ。政府は当初「認可外の施設は無償化の対象外」としていたが、認可外利用者らが反発。「一部補助」への方針転換を迫られ、無償化の対象範囲を巡る議論はなお続く。どう無償化すべきか。識者や関係者に聞いた。

待機児童対策と両方進める 茂木敏充・人づくり革命担当相

 幼児教育の無償化はこれまで毎年の予算で段階的に進めてきたが、安倍政権は昨年、消費税の使い道を見直して一気に進めるという大決断をした。3~5歳児の幼稚園、保育所、認定こども園の費用を無償化し、0~2歳児は住民税非課税世帯について無償化する。

 無償化よりも待機児童問題を優先すべきだとのご意見もいただくが、地域によって事情が異なると思う。東京…

この記事は有料記事です。

残り4207文字(全文4552文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]