メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

フェイク 北米総局・会川晴之

 ワシントン赴任からもうすぐ2年。トランプ米大統領の「おかげ」で大ニュースが続き、大忙しだ。これは「記者冥利に尽きる」と前向きに捉えれば済む話だが、いまだに対処に悩む問題がある。フェイク(偽)に関するものだ。

 「フェイクニュース!」と叫び続けるトランプ氏の話ではない。オフィスに毎日のように届く偽請求書の扱いに困っているのだ。「早く支払わないと、延滞金が科されます」などの文書が添えられている。「どうせフェイク」と決め込むと本物だったりする…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  4. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです