メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

フェイク 北米総局・会川晴之

 ワシントン赴任からもうすぐ2年。トランプ米大統領の「おかげ」で大ニュースが続き、大忙しだ。これは「記者冥利に尽きる」と前向きに捉えれば済む話だが、いまだに対処に悩む問題がある。フェイク(偽)に関するものだ。

 「フェイクニュース!」と叫び続けるトランプ氏の話ではない。オフィスに毎日のように届く偽請求書の扱いに困っているのだ。「早く支払わないと、延滞金が科されます」などの文書が添えられている。「どうせフェイク」と決め込むと本物だったりする…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 熱中症 3連休14人死亡 豪雨被災地、搬送多数
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]