メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第67期王将戦七番勝負

第3局 解説・佐藤紳哉七段

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑む第67期王将戦七番勝負第3局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、栃木県大田原市、下野新聞社後援、囲碁・将棋チャンネル協賛)は2月3、4日、同市のホテル花月で行われ、相振り飛車の戦いを久保が制して、対戦成績を2勝1敗とし、2期連続通算4期目へ向けリードを奪った。初タイトルを目指す豊島は、3時間を超える長考も実らなかった。第3局を、佐藤紳哉七段の解説で振り返る。【山村英樹】

 栃木県北部の大田原市での王将戦開催は13期連続。ホテル花月での開催は12期連続になる。那珂川沿いの…

この記事は有料記事です。

残り3361文字(全文3625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです