メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第67期王将戦七番勝負

第3局 解説・佐藤紳哉七段

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑む第67期王将戦七番勝負第3局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、栃木県大田原市、下野新聞社後援、囲碁・将棋チャンネル協賛)は2月3、4日、同市のホテル花月で行われ、相振り飛車の戦いを久保が制して、対戦成績を2勝1敗とし、2期連続通算4期目へ向けリードを奪った。初タイトルを目指す豊島は、3時間を超える長考も実らなかった。第3局を、佐藤紳哉七段の解説で振り返る。【山村英樹】

 栃木県北部の大田原市での王将戦開催は13期連続。ホテル花月での開催は12期連続になる。那珂川沿いの…

この記事は有料記事です。

残り3361文字(全文3625文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]