メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 高齢者施設の防災対策 高額費用、解決が急務=白十字訪問看護ステーション統括所長・秋山正子

秋山正子・白十字訪問看護ステーション統括所長

 寒波が襲来している日本列島に、心が凍るような火災のニュースが流れた。

 札幌にある自立支援住宅での深夜の火事。木造一部3階建ての建物約400平方メートルが全焼し、男性8人、女性3人の計11人が犠牲となった。

 高齢者向けの施設を巡っては、2006年の長崎県大村市のグループホームで7人が死亡した火災や、13年の長崎市のグループホーム火災を受け、消防用設備の設置義務が強化された。一方、09年に群馬県渋川市の無届け施設で10人が死亡する火災が起きた時には、住居費が高く入居する場所がないからと、生活に困窮する高齢者が都心から遠方の低所得者向け住宅や、グループホームに移らざるを得ない実態も明らかになった。

 1施設当たり数百万円といわれる高額な費用のかかるスプリンクラーの設置が、より小規模な施設にも求めら…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1081文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]