メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1歳児放置死

元同居者の男に懲役6年6月 大阪地裁

 大阪市内で2016年4月、車内に鈴木琉聖(りゅうせい)ちゃん(当時1歳)を約10時間放置し、熱中症で死亡させたとして母親とともに保護責任者遺棄致死などの罪に問われた元同居者、大島祐太被告(23)の裁判員裁判で、大阪地裁は13日、懲役6年6月(求刑・懲役9年)の実刑判決を言い渡した。増田啓祐裁判長は「子供らを生命の危険にさらす悪質な犯行」と指摘した。

     弁護側は公判で、大島被告は琉聖ちゃんや姉(5)と親子ではなく、保護責任はなかったと主張。過去に2人を車内に放置しても異変がなく、熱中症の危険を認識していなかったとして保護責任者遺棄致死や死体遺棄などの罪を否認していた。

     判決は、大島被告が琉聖ちゃんらの母親、鈴木玲奈被告(26)=同罪などで起訴=に強い影響力を持ち、子供の世話をしていたことなどから保護責任を認定。以前、琉聖ちゃんらが車内で汗をかき、扇風機を購入しようとしたことなどから、「車内の温度上昇などの危険を認識していた」と指摘し、保護責任者遺棄致死罪の成立を認めた。

     また、遺体をクーラーボックスに入れたのは逮捕を免れるためだったとして、死体遺棄罪も認定した。

     判決によると、大島被告は鈴木被告と共謀。16年4月23日未明から正午まで、同市平野区の駐車場で車内に琉聖ちゃんと姉を放置し、琉聖ちゃんを熱中症で死亡させ、遺体をクーラーボックスに遺棄するなどした。【原田啓之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
    2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
    3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
    4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
    5. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]