メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州・歴史探訪

吉良上野介の孫(諏訪市) 三河人が伝える悲哀 /長野

法華寺の山門(左奥)の前に、「吉良左兵衛義周公ここに眠る」と案内が立つ=諏訪市で

 諏訪大社上社本宮の南隣に、諏訪の名刹(めいさつ)として知られる法華寺(ほっけじ)(諏訪市中洲神宮寺)がある。山門に通じる坂道の脇に、「吉良左兵衛義周(よしちか)公ここに眠る」という案内がある。

 吉良義周は、元禄事件で赤穂浪士に討たれた吉良上野介義央(よしなか)の孫。5歳の時に義央の養子になり、吉良家を継いだ。

 案内の設置者は諏訪市でなく、「吉良町」とある。吉良は義央の領地があった愛知県三河地方の町で、今は合…

この記事は有料記事です。

残り1215文字(全文1421文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです