メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここであった戦争

史跡桜井駅跡史跡公園 「忠臣」「軍神」ひっそりと /大阪

乃木希典が書いた「楠公父子訣別之所」碑。そう広くもない公園に巨大な碑が並んでいる=大阪府島本町で、亀田早苗撮影

 JR島本駅前に「史跡桜井駅跡史跡公園」(島本町桜井1)がある。南北朝時代の武将、楠木正成が長男正行(まさつら)と今生の別れをしたとされる。親子は明治期から敗戦まで、天皇に忠義を尽くす教育勅語の教えを体現するシンボルとしてたたえられ、この一帯は「楠公精神」の教育の場だった。

 案内は、佛教大非常勤講師の塚崎昌之さん(61)にお願いした。

 いわゆる「桜井の別れ」だが、記者にはピンと来ない。

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1564文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです