メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん・ステージ4からの眺め

骨折 病思い知り、その先へ

つえをついて病院内を歩く三輪晴美記者=篠田英美さん撮影

 がん医療は少しずつ進んでいる。ステージ4でも、がんと共存しながら生きている患者は近年、少なくない。記者は9年前、骨転移を伴う乳がんと診断された。以来、化学療法(薬による治療)を続けながら普通に働き、暮らしている。ところが昨年末、思いがけない事態に見舞われた。

 昨年12月18日の夕刻。東京メトロ霞ケ関駅で、電車に乗ろうと足を速めた瞬間、足もとから全身に鈍い痛みが走った。折れた……そう思った瞬間、ホームに倒れ込んだ。周囲の乗客や駅員の助けで救急車に乗せられ、順天堂医院(東京都文京区)へ。その後のことはあまり記憶がない。

 結果は「大腿(だいたい)骨の非定型骨折」。しばらく前から足に違和感はあった。腫瘍がある部分が折れる…

この記事は有料記事です。

残り2119文字(全文2430文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです