メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東シナ海

北朝鮮船籍タンカーが瀬取りか 制裁逃れの疑い

中国・上海の東約250キロの東シナ海の公海上で、横付けして照明を点灯している北朝鮮船籍のタンカー(右)とベリーズ船籍タンカー。制裁決議で北朝鮮への輸出入が禁止された物資の積み替えをしていた疑いが強い=2018年2月13日午前1時半ごろ撮影、防衛省提供

 政府は14日夜、東シナ海の公海上で、北朝鮮船籍のタンカーがベリーズ船籍のタンカーに横付けしている現場を確認したと発表した。北朝鮮に対する国連安全保障理事会の決議で禁止された物資を積み替えていた疑いが強いとみている。

     海上自衛隊のP3C哨戒機が13日未明に確認した。現場海域は、中国・上海の東約250キロの沖合。すでに、国連安保理制裁委員会に報告し、米国など関係国にも情報を提供した。洋上で貨物を積み替える形で制裁を逃れる行為は「瀬取り」と呼ばれている。

     政府は先月20日にも、東シナ海の公海上で北朝鮮船籍のタンカーとドミニカ船籍のタンカーによる積み荷の受け渡しを確認している。【仙石恭】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
    3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
    4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
    5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです